記事は土日に更新中!お楽しみに!

このブログでは旅行の話を綴っていて
おすすめは始めから読む事です
こちらからどうぞ↓↓
はじまり

北インド

2020年11月25日

[印度旅行] 6 デリー到着

2011年に初めてのインド旅行へ
6B91E1F8-A65E-4DD3-BE6F-A90D8EC569B2


なんとか ビザを取得して 出発した。

到着したのは、デリー、インドの首都である。
空港から予約した宿に向かう途中、駅から歩いていたら色んな人に話しかけられる。
『ここにいる人を信じちゃいけない(英語)』
と言って、追い抜かす人。
別の人は
『どこに行くんだ?(英語)』
しつこく問う。予約した宿の名前をいうと案内をかってでてくれた。
案内の必要はない、まっすぐいけば着くので放っておいた。
やたら話しかけて、こっちだよと曲がろうとするので、立ち止まり周りをみたら、目の前に宿があった。
それも宿を隠すように歩き、曲がるように促されたようだった。
宿を指差して、
『あった〜 こっちやん!』(日本語)
『自分で見つけられたんだね!(英語)』と友好的に言い放って去った。
チェックインして、デリーの街を散策した。


〜〜
ランキングに参加しています。
気になったら、ポチっとお願い致します 。
 ブログランキング



 【中古】 aruco インド 改訂第4版 地球の歩き方aruco/地球の歩き方編集室(編者) 【中古】afb
【中古】 aruco インド 改訂第4版 地球の歩き方aruco/地球の歩き方編集室(編者) 【中古】afb 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nazekaindoka at 11:30|PermalinkComments(0)

2020年11月28日

[印度旅行] 7 パハールガンジにて 1

2011年に初めてのインド旅行でデリーに着いた。
B66320AD-5962-4FAE-AD81-96203C980473


デリーのメインバザールと呼ばれるパハールガンジという場所がある。ここはいわゆる商店街で、ごちゃごちゃ人がいる賑やかなところ。
 
お店を見ながら独り歩いた。
 
呼び込みや売り込みが激しい。
私は機嫌が悪く、少しお腹が空き、独りになりたかった。
ついでに暑過ぎ。
 
プリーズリーヴミーアロン
(please leave me alone)
放っておいて、独りにして という意味で言っていた。
声をかけてくる人にこれを言って、しのいでいた。
 
機嫌が悪い時こそ口角をあげておこうとしてしまう。
まさにそうしている時に現地の人と思われる男性に声をかけられた。



〜〜
ランキングに参加しています。
気になったら、ポチっとお願い致します 。
 ブログランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nazekaindoka at 11:30|PermalinkComments(0)

2020年12月05日

[印度旅行] 8 パハールガンジにて 2

2011年に初めてのインド旅行でデリーに着いて、パハールガンジという所を歩いていた。

74CA374A-2EF6-4340-9B39-9DF62B906276


 パハールガンジで不機嫌な気分で歩いていた時、現地の人と思われる男性から話かけられた。
『何してるの?』
『レストランを探しています』
『良いレストランがあるから案内するよ。一緒に行こうよ』
『行きません』
『どこの国から来たの?日本?』
『そうですね』
『兄のお嫁さんが日本人なんだ。彼女がとても良い人で日本が好きになったんだ。一緒にレストランへ行こうよ』
『プリーズリーヴミーアロン』
『僕は〇〇(国の名前)から来たんだ。脳外科医なんだ。今は休みでインドに来ているんだ』
『そうなんですね。プリーズリーヴミーアロン』

このような会話が延々と続く。

 

〜〜
ランキングに参加しています。
気になったら、ポチっとお願い致します 。
 ブログランキング 

地球の歩き方 aruco05 インド【電子書籍】
地球の歩き方 aruco05 インド【電子書籍】

05 地球の歩き方 aruco インド [ 地球の歩き方編集室 ]
05 地球の歩き方 aruco インド [ 地球の歩き方編集室 ]



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nazekaindoka at 11:30|PermalinkComments(0)

2020年12月12日

[印度旅行] 9 パハールガンジにて 3

2011年に初めてのインド旅行でデリーに滞在中。
FEF2985F-93EB-4593-BA24-02CC29190FE7




パハールガンジで歩いていると見た目はインド人と余り変わらない外国人の脳外科医に話しかけられた。
私は不機嫌で独りにしてもらいたかったので、プリーズリーヴミーアロンと伝えた。
けれど、しつこい。
 
もしかして、発音が良くないのかなぁ。
プリーズリーヴミーアロンという文章がダメなのかも…
 
発音はどう変えたらいいか分からず、文章を変えた。
 
『プリーズゴウアウェイ!(please go away)』
あっち行け!
と言ってみた。
 
脳外科医は、インドの首都にあるメインバザールで叫んだ。
 
『あっち行けって、どういう事?
僕はインド人じゃない!嘘つき野郎達と一緒にしないで。
僕は脳外科医なんだぞ!』
 
この人 こんな事を言っちゃったよ。
その周りにいる人間のほとんどがインド人と思われる場所で、しかも大声で。
脳外科医とかほんまかどうか怪しいし、ほんと嫌。
ついでに暑すぎる!
 
『プリーズリーヴミーアロン(独りにして)と言っても分からなかったでしょ?だからプリーズゴウアウェイ(あっち行け)と言ったんだよ。』
 
そんなやり取りをしているところにライチ売りの台車が自称脳外科医と私の間に割って入った。
 
すぐにライチの値段を尋ね、買った。
気がつけば、自称脳外科医は私の視界には居なかった。
 
50ルピーほどボラれたけれど、ライチ売りのお兄さんに感謝している。
 
次の日には訪れておきたかったタージマハルへ。

 

〜〜
ランキングに参加しています。
気になったら、ポチっとお願い致します 。
 ブログランキング 


おとなの基礎英語海外旅行が楽しくなる英会話フレーズ100 (語学シリーズ*NHK CD book) [ 松本茂(コミュニケーション教育学) ]
おとなの基礎英語海外旅行が楽しくなる英会話フレーズ100 (語学シリーズ*NHK CD book) [ 松本茂(コミュニケーション教育学) ]


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nazekaindoka at 11:30|PermalinkComments(0)

2020年12月19日

[印度旅行] 10 タージマハルへ

2011年に初めてのインド旅行でデリーに滞在中。
F61A8A87-DE5A-49B1-8BCD-25774D00C91F


 インドに来たから、後悔しないようにタージマハルにだけは行っておこうと決めていた。

タージマハルはアグラという街にある。
デリーから3〜4時間と聞いたので、日帰りタクシーで行った。
 
運転手のシンさんが色々と案内してくれる。
『このハイウェイは日本人が作ったんだよ!この道路のおかげで、デリーから郊外への往来がスムーズになったんだ。』
途中でタージマハル風の建物を見かけると
『これはタージマハルじゃないからね〜! 騙されたらダメだよ』
 
…などなど
 
シンさんはヒンズー教徒で、ヒンズー教の寺を見かけると ある仕草をする。
 
手指を花の蕾のような形にして指先を唇に当て、次に指先を反対に向けながら開く。投げキッスのように。
これを何度も。
吉本新喜劇の役者さんのギャグを思い出す。
 
そんな事を観察しているうちにタージマハルのあるアグラに着いた。
 
サイクルリクシャに乗り換えて、タージマハルの入り口に着いた。
 

〜〜
ランキングに参加しています。
気になったら、ポチっとお願い致します 。
 ブログランキング 


インド旅行記1 北インド編【電子書籍】[ 中谷美紀 ]
インド旅行記1 北インド編【電子書籍】[ 中谷美紀 ]


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nazekaindoka at 11:30|PermalinkComments(0)