記事は土日に更新中!お楽しみに!

このブログでは旅行の話を綴っています。
おすすめは始めから読む事です
コチラ からどうぞ

マハーバリープラム

2021年03月20日

[印度旅行] 41 飽きているのに【マハーバリプラム】

2012年11月に南インドを旅行中。ポンデチェリー(プドゥチェリー)を出発することに。
この頃はもう12月に入っていた。

998D5966-C530-4BC5-B2C2-A5D747FF8A17

 
ポンデチェリーの街には飽きていた。
チェンナイから出発する帰りのフライトまでは数日ある。大都会には滞在したくない。チェンナイは空港に向かうだけにしようと決めていた。
チェンナイとポンデチェリーの間で面白そうな街をガイドブックで探した。
 
マハーバリープラムという町に遺跡があるらしい。そういえば、出会った旅人達がバターボールがどうのこうのと話していた事を思い出した。しかし遺跡は飽きている。
 
…と試行錯誤の結果、マハーバリープラムにバスで向かった。
 
バス停近くで町から外れたところに宿を見つけて、夕方から町を散策した。
町の方に歩いて行くと道端に壁画のような彫刻があった。遠くから観ただけにとどめた。
 
次の日に気になっていたバターボールを見学した。
パックリと割れたような形の大きな岩が絶妙なバランスで鎮座するかのようにあった。そこは斜面。
何が起こったら転がっていくのだろうか?
大雨?地震?
雷が落ちてさらにパックリと割れて転がっていくのだろうか?

遺跡に飽きている。特に感動しなかった。それでもそんな風に考えさせられた。
 
飽きているのに明朝に他の遺跡を散策した。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nazekaindoka at 11:30|PermalinkComments(0)

2021年03月21日

[印度旅行] 42 撮られたい【マハーバリプラム】

2012年11月から南インドを旅行中。マハーバリープラムに滞在。
この頃には12月になっていた。

2237F42B-4141-471D-8518-8EC5D3F47B0A

 
遺跡のチケット売り場が開く時間に合わせて宿を出た。早朝から日差しが強く、暑くて日傘を差して歩いた。
 
チケット売り場っぽい所にはスタッフっぽい人が一名いた。声をかけると予想通りチケット売り場だった。チケットを買い遺跡に向かった。
 
見学できる所は少し離れたところにあった。
敷地に入ってみると私一人、貸し切り状態。日陰もある。見学というより休憩した。
 
海岸沿いに遺跡がもう一ヶ所ある。そこに向かっていると見覚えのある人がいた。
 
ハンピで出会った韓国からの旅人のおじさまだった。
おじさまは途中で出会ったらしき韓国からの旅人のお兄さんと一緒だった。
 
再会を喜んでいると、インド人の観光客が家族でゾロゾロとやってきた。韓国人のお兄さんが持っていた一眼レフのデジカメを指差して自分達を撮って欲しいとお願いした。
お兄さんは快く引き受け撮影。インド人家族は画像を確認して納得した様子だった。そして感謝して離れていった。
え⁈
連絡先を伝えて、画像を送ってもらわんのかーぃ!
 
韓国人の二人と別れ、目指していた遺跡に向かった。
遺跡を見学した後、宿に戻りチェックアウトしてチェンナイへ
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nazekaindoka at 11:30|PermalinkComments(0)